鈴与のリフォーム通信 (vol.8 おしえて、耐震リフォーム!)

鈴与ホームパル ホーム > 注目コンテンツ > 鈴与のリフォーム通信 (vol.8 おしえて、耐震リフォーム!)

鈴与のリフォーム通信 VOL.8

備えるリフォーム!おしえて、耐震リフォーム!

じりじりと暑い日差しが厳しいまさに真夏!みなさんいかがお過ごしですか? リフォーム現場では、塩アメを食べたり、休憩時間を増やしたりと熱中症予防には気を付けています! くれぐれも熱中症にならないように気を付けて下さいね。ミネラルたっぷりの麦茶で水分補給をこまめにしてください。 今回は、一見難しそうな『耐震リフォーム』を鈴与ホームパルの一級建築士 設計監理課の福地次長に聞いてみました!

耐震補強リフォームってどんな工事をするの?

はい、耐震補強工事は文字通り、家が地震に耐えられるようにするためのリフォームです。
リフォームの方法はたくさんあって、お家の状態や図面を見て最適なものを提案します。
様々な方法の中でも特に多いのは、地震の揺れで家が倒壊しないように柱と柱の間に筋交を入れたり、揺れを吸収する耐震ダンパーを壁に入れたり、耐力壁と呼ばれる壁を増やす工事が多いです。
その他、重い瓦屋根を軽い金属瓦にすることや地震の揺れで柱が抜ける『ホゾ抜け』を防止するように基礎・土台と柱を連結するリフォームも地震対策には効果的です。

工事期間はどのくらいかかるの?

はい、最新の制震ダンパーを設置する工事なら設置個所の数にもよりますが早ければ2日長くても1週間で終わる工事がほとんどです。この方法であれば、床や壁を大きく解体することもないので短い工期で済みます。
お家を柱だけにしてしまうイメージを持っている方もいるかと思いますが、ほとんどの場合は住みながらリフォームすることが可能なので引っ越したり、荷物の移動などのお手間が掛かりませんよ。

工事金額はどのくらいかかるの?

はい、耐震補強リフォームは一概にいくらと言えないのが、難しいと思われる理由なのかもしれません。最新の制震ダンパー工事なら1カ所20万円程度になりますので、2カ所で40万円程度が目安になると思います。
全体的に耐震性を上げる必要がある場合は、耐震強度の計算をして効果的な補強箇所を探し出します。
過去の施工事例では4カ所~6カ所のお家が多かったので80万円~120万円くらいが平均の工事金額になると思います。
家具の固定やホゾ抜け防止工事などはもっと少ない金額で施工もできますので、お家の耐震診断からご相談下さい。

他に地震対策にリフォームでできることってあるの?

はい、リフォームでできる地震対策は多くあります。

屋根の軽量化
家の揺れを少なくする効果と瓦の落下によるケガを防ぐことができます。
家具の固定
タンスや本棚、食器棚などを壁や床・天井に固定することで家具の下敷きになるケガを防ぎます。
ガラスの飛散防止フィルム
地震の揺れでガラスが割れた時に飛散するのを防ぎます。高い位置の窓にオススメです。
ドアの取替
地震の際に脱出経路を確保するために、地震でも歪みにくく開きやすいドアに取り替える工事です。
ガスコンロの取替
地震の際(震度4以上)で自動で火が消えてくれるセンサー付のコンロに替えることで火事を防ぎます。

鈴与ホームパルは全拠点日本木造住宅耐震補強事業者協同組合試験に合格した技術者が所属しています。
一度、耐震補強を考えたいという方はお近くの鈴与ホームパルにまずは無料の簡易診断からご相談下さい。

ページの先頭へ